So-net無料ブログ作成

【驚きの食材】ブロッコリースプラウトでたくましく育て [健康]

 「スルフォラファン」って聞いたことがあるだろうか。「あさイチ」でも紹介されたので、健康に気を配っている方なら聞いたことがあると思う。ブロッコリースプラウトに多く含まれる栄養素で、癌の予防効果があると注目を集めている。どうして癌の予防にいいかというメカニズムは触れないが、抗酸化作用や抗炎症作用に関わる遺伝子の発現を活性化させ、解毒効果や抗酸化作用など体にいい効果が示されている。「がん スルフォラファン」で検索すると多くの情報があるので、ここでは子供のころからスルフォラファンを摂っていると、将来メンタル系の病気にかかりにくいという話を紹介しよう。

スポンサードリンク






 統合失調症という病気がある。幻覚や認知機能障害などを引き起こす病気で、ムンクの叫びのエドワルド・ムンクもこの病気だったそうだ。この病気に関するマウスの実験で、幼児期のマウスにブロッコリースプラウトを混ぜた餌を与え続け、大人になってから統合失調症を引き起こす薬を与えたところ、そのマウスは認知障害を引き起こさなかった。これは、千葉大学の橋本謙二教授が日本うつ病学会で発表したものだが、子供のときの栄養が、大人になってからのメンタルヘルスに重要な役割を果たすのではないかと指摘している。また、人間の統合失調症患者に、スルフォラファンのサプリメントを飲んでもらったところ、認知機能等が改善したという。他にも、うつ病を予防する効果もみられた。
 ちなみに、ブロッコリーよりブロッコリースプラウト(新芽)のほうがスルフォラファンは高濃度だ。ブロッコリースプラウトは離乳食にはもってこいなので、お母さんはぜひメニューに加えてみてはどうだろう。

スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます