So-net無料ブログ作成

【アレルギーマーチを阻止せよ】アトピーは赤ちゃんの時に治療 [病気]

 国立成育医療研究センターでは、赤ちゃんにアトピー治療を行う臨床研究を行っており、この試験への参加を呼び掛けている。この試験は、早くからアトピー治療を行うことで、食物アレルギーの発症を予防できるかどうかを明らかにする試験で、将来の子どもたちのアレルギー疾患を予防するための重要な試験なのだ。

スポンサードリンク






次々にアレルギーが発症「アレルギーマーチ」
 一度アレルギー疾患を発症すると、次々に別のアレルギー疾患が発症することがある。一般的な例としては、1歳までにアトピー性皮膚炎を発症し、続いて小児期に食物アレルギー、喘息、アレルギー性鼻炎を発症する。これらのアレルギー疾患は、思春期に収まることもあるが、成人になるまで持続し、重症化することもある。このように次々とアレルギー疾患が発症することを「アレルギーマーチ」と呼んでいる。
 アレルギーマーチが始まるのは乳幼児期からで、アトピー性皮膚炎と食物アレルギーが最も初期に現れることがわかっている。1歳までに湿疹が見られた乳児のうち、約20%が1歳時に食物アレルギーを発症するという報告もある。つまり、起点となるアトピー性皮膚炎に対し、出生早期からケアをすることによってアレルギーマーチを阻止できる可能性があるのだ。国立成育医療研究センターが今年7月から始めた臨床研究は、まさにこのことを実証しようというものだ。

「パッチースタディ」協力者募集
 国立成育医療研究センターが開始した臨床研究は「アトピー性皮膚炎への早期介入による食物アレルギー発症予防研究」という名称で、略称は「PACI- Study(パッチースタディ)」。パッチースタディには全国の医療機関10施設が参画しており、全国で650名の赤ちゃんに対して治療を行う計画だ。このパッチースタディに協力してくれるアトピー性皮膚炎の赤ちゃんを募集している。
 臨床研究といっても、アトピー性皮膚炎の赤ちゃんに行う治療は、全て日常診療で使用されているアトピー性皮膚炎の外用剤を使用する。アトピー性皮膚炎の外用療法には、症状が出たときに治療する「リアクティブ療法」と、症状が出る前から予防的に治療する「プロアクティブ療法」の2つの方法がある。パッチースタディでは、参加してくれる赤ちゃんを「リアクティブ療法(標準治療群)」と「プロアクティブ療法(積極治療群)」に分け、両群を比較する形で行う。など群分けはコンピューターで自動的に割り付けるとのこと。治療期間は生後28週まで。試験の詳細や実施医療機関などは、パッチースタディのホームページで確認できるぞ。
 このパッチースタディに協力してくれる赤ちゃんを募集しているわけだが、参加できる赤ちゃんの基準は①皮ふに、かゆみのあるぶつぶつが出現してから28日以内②生後7週〜13週(日齢42日〜90日)までの赤ちゃん③アトピー性皮膚炎の赤ちゃん――だ。研究参加を希望される場合は、ホームページからメールで問い合わせることができる。気軽に問い合わせくださいとのことだ。
・パッチースタディのホームページ http://paci-study.jp/

スポンサーリンク


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます